05
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
       

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    べべーん。

    Missing 読了したけれど…うーん、これは書くことが少ないなぁ、、、
    というか、好きなところとか、たくさんあるのだけれど、
    この本って、もうこの本こそが出版禁止されてもいいのじゃないかなって思うわ。
    まあ、「奈良梨取考」とか大迫氏の著書よりはマシかもだけれど。

    というのも、レーベルが電撃文庫じゃない?
    つまりはティーンズ文庫じゃない?
    10代の少年少女の読み物として、適当でないよね、っていう。

    一人暮らしし始めて、書架を一度検めたとき、一人住まいでこれは読めないわ。でも捨てられない。と思ったものだけど、
    10代の頃に読んだときより、怖くないです、まったくもって。
    全然怖くない。
    いや、学生だったらまだやっぱり少し怖さが影響するのだけど、
    アプリの「一夜怪談」で明日が平日の社会人を幽霊ごときで大学生が呼びつけるな、みたいなことを萩原さん?だっけ?
    が言っていたけれど、ほんとそれ。

    怪談染みて怖い点に関しては、そんなものより人間の方が怖い。
    本能的に生物は暗闇を怖がるものだろうけれど、やっぱり幽霊やお化け、心霊現象の類が怖いのって、理解できなくて見えなくて、自分とは異質のものだからでしょう?
    それで言うと、「幽霊」や「怪奇現象」同然に怖いのが「人間」やら「記憶」やらってお話で。
    だからね、学校という一種の閉鎖空間もそれはそれで怖い話として描くのは良い題材だと思うけれど、
    会社の方がもっともっと怖いって。


    で、オカルト染みた点については、10代の頃とか、変に傾倒しそうじゃない?
    霊感とかと然り。
    それがなまじ丁寧に書かれているものだから、真似とかしちゃいそうだし、心配。
    まあ、携帯電話でアンテナを伸ばすという描写を読んで、イメージできるのかしらないけれど。
    亜紀ちゃんの家にFAXがある点で驚きだけど。
    今、家族と一緒に住んでいるおうちで、どの程度FAXがあるのか、普及率も知らないけど。

    いや、初めて持った携帯電話とか…アンテナ伸ばしたものだわ、そういえば、ええ。
    今はそんな皆同時に着信するとかじゃなくても、ビッグデータで神様降ろせそうなのだけど。
    クラウドで対応できそうなのだけど。
    分散処理っていう、ね、ほら、分野もあるじゃないですか。
    やっぱり今の10代には理解できないところとかもありそう。

    まあ、途中までしか読んでないし、持ってもないけれど、「断章のグリム」はまだマシなのかな。
    確かに、著者さんの言うとおり、あちらの方がスプーン一杯のグロテスクを足したのかなぁ。
    まあ、Missingはメルヘンです、確かに。
    グリム童話題材なのは良かったのに、何かあっちはグロテスクの足し方というか、
    分量というか……料理で言うと、調味料を足すタイミング?が外れてしまった感。
    あと主人公に魅力が感じられない、なんだか。


    とりあえず、Missingについて。
    まあ、オカルトとかは中学生の特権として。
    ホラー的な要素としては高校生辺りが怖がってくれるとして。
    なんかね、こう……倫理的な観点?
    道徳の授業で教わったことが損失される気がしますよ、あれ読むと。
    大切な誰かを守りましょう、とか主人公の成長譚としては確かに合致しそうだけれど。
    他人の意志を尊重しましょう。とか、俊也が空目に対しては全力で尊重しちゃったけど。

    あー、でも亜紀ちゃんがどうしても可愛そうで愛おしい。
    共感してしまうと只管に辛い。
    理性たるものはね、厄介ですよ、ほんともう。
    高校生であれだけの確固たる理性ってね、たいへんだと思ふ。

    見送るシーンとか暴走しちゃうシーンも愛おしいけれど、
    理性が一番揺らいでしまうようなみちるとの会話のシーンが、亜紀ちゃん…!ってなるよ///


    あと主人公は蚊帳の外。結局、外。
    まあ、稜子守ろうとしたところだけは褒める。
    それだけは褒める。
    でも、無知は罪。

    稜子ちゃんは、辛い。というか、高校生でそれだと、そのまま高校卒業して就職とかだと尚辛い。
    共感し過ぎるのは厄介だし、社会に出るともう精神病む。あんな本読まなくたって、頸括りたくなるさ。
    あと、ひょっとして天涯孤独じゃない?
    あ、両親代わりの叔父叔母は生きているのかな。
    でも姉二人の死も、文芸部の人々や出来事も、共感するだけで絶望できるし。
    むしろロンパの絶望シスターズに分けてあげて、その素質。


    あとはー、シェーファーフントくん。
    まあ、いいや。

    あやめ。
    彼女はね、一番の幸せものですよ、結果としては。
    人間としての身体があろうとなかろうと、とりあえず人間らしく、真っ当に幸せになったね。
    その分、亜紀ちゃんは…(エンドレス

    空目がね、もっとすっぱり死ねばいいんよ。

    弟が云々とか、母親が云々とか、まあどうでもいいから。
    生きる意味がないし、隠し神になれれば思考することができるから、死なないでいたの?
    どっちにしても同じ結果だろう、って言ってやりたい。
    だからとっととすっぱり死ねばよかったのに。


    魔女はまあ、魔女ですね。
    あれはファンタジーですね。
    彼女は絶対に人間としては存在しえませんね。
    学校にもそぐわない。

    まあ、好きだけど。夜闇の魔人さんとの組み合わせとか、結構多分に好きだけど。
    あと、あやめの詩はとりあえず、好き。
    そこだけ切り取って読めばいいと思う。

    そうでなければ、自我とか、倫理観とか養ってから、ちゃんと読んだ方がいいよ、あのシリーズは。
    ティーンズ文庫じゃないよ、ほんとに。
    生死とか人間とか思想とか宗教とか、そういうのに影響されやすい人が読んだらだめね、絶対。



    とりあえず、何か好きなとこ。
    あやめの詩は全部素敵なので、そこだけは読んでほしい。そこだけは全巻分←

    でも一番好きなのは鳥籠の!!!

    ---
    「神隠しの物語」

    ・武己は変わった奴が大好きだった。
     変わった人間をほとんど無条件に尊敬していると言っていい。というのも武己自身は自分のことを極めて平凡な人間だと思っていたので、「天賦の才能」というものに殊更大きな憧れを持っているのだった。それが嵩じての変人好きだ。天才は例外なく変人だと武己は固く信じている。
     変人は見ていて痛快だ。才能ある変人なら尚更だった。変人は普通の人間が考えもしない事や、考えてもやらないような事を平気で実行する。武己にはそれが羨ましく、痛快でならない。娯楽なのだ。そんな人間に絡むのも、また無情に楽しい。

    ・You are no←w→here.
     You are no where
     You are now here


    ・You're standing in the darkness now
     You can never know how long you have to be

    ・亜紀も同意する。そして、
    「……ま、当人の過失で事故ったとしても、その人を救うのは当然だね。責任はその後の話。生かしとかなきゃ、責任の取らせようもないでしょ?」
     と、あっさり非道い事を言ってのけた。
    「……亜紀ちゃんは、優しいのかシビアなのか判んないねえ」
     稜子はしみじみ呟く。
    「社会、ってのは、そういうものなの」


    ・Who's Gonna Make You Up ?
     Who's Gonna Make Me Down ?
          ×
     I'll Never Ask the Stranger …!

    ・I Stay Inside × You Go Outside

    ---
    「呪いの物語」
    ・the Creation?

    ---
    「首くくりの物語」
    ・「……孫はこんなだけど、祖父さんは学者肌でね。学問の人で、僕は尊敬してた。何ていうのかな、道を極めようとしてる――――」
    「求道者?」
    「そうそう。そんな感じで、知識を極めようとしてたんだよ。口癖みたいに言ってたよ。――『何かを極めるためには、人間の一生なんか全然足りない』って」
    「凄い事を言いますね……」
     何かに邁進した人間だからこそ、そんな事を思えるのだろう。亜紀は掃除機、そんな生き方を羨ましく思う。
     果して今の世の中で、そんな生き方ができるだろうか?
     自分に、そんな生き方ができるだろうか?
    「正直、羨ましいです」
     亜紀は言う。
    「……はは、こんな事も言ってましたよ。『本を読むという事は、それを書いた筆者の全てを受け取る事だ。作品は、その筆者の全てが込められている』と」
    「いい言葉ですね」
    「読書家には沁みる言葉でしょう」


    ---
    「首くくりの物語・完結編」
    ・「心が〝向こう〟を否定してたら、見えるものも見えないよ。人間が見てる世界なんて、心が望んでる形でしか見えないもの。もう、あなたは〝向こう〟をありのままに見る事ができなくなってるでしょ? 私から見れば、あなたはもう限りなく人間だよ。心の形が、私は見える。あなたはいつも、人間になろうとしてる……」
     微笑ましげに、詠子は語った。
    「……あなたの心はあまりにも強く人間を望んでいる。人だった時は〝風〟を望んでいたのに、風になったあなたはまた〝人間〟を望んでいる。
    〝人の形を希む風〟
     それは、あなたの魂のカタチ。元は〝風〟だったのに、あなたは〝人〟を思いだした。でも、体は風のままなの。
     だから、あなたはとても危うい。存在を支えてもらわないと、すぐ霧散してしまうだから、あなたはとても綺麗。脆くて儚いものは、みんなみんな綺麗だもの…………」

    ---
    「目隠しの物語」
    ・その頑なさに、亜紀は嫌悪感を覚えた。
     それは〝同族嫌悪〟だった。
     方向性こそ違うものの、多絵は亜紀と同じく自分の世界にしか価値を置かない人間だった。多絵も亜紀も、他人の事など本質的には興味もない人間なのだ。
     自分の世界を壊されたくないから、壊すような人間には気持ちを語らない。そのために亜紀は攻撃し、多絵は内に引き籠もる。
     語らないための手段が違うだけで、ゞだった。
     歪んだ鏡に映った自分を見たようで、亜紀は激しく不快になった。
     嫌いだという感情は、何も無いところからは決して出てこないのだ。それが自分自身の嫌いな、あるいは嫌いだった部分に当てはまるからこそ、その投影として嫌悪するのだ。

    ---
    「合わせ鏡の物語」
    ・扁平な景色が、何とも似合いだった。
     心は落ち着いていたが、それは諦めの平坦だった。
     そのまま生きて、消えるように死ねる気がした。八純は早々に、寮に戻った。
     ただ、学校生活を繰り返す。そうすれば、何も考えずに済む。
     左目の景色は、どんどん掠れて見えなくなってゆく。八純は空っぽの平静さで、その現実を受け入れていった。
     薄っぺらな日常。
     左目の景色のように、掠れた日常。

    ---
    「合わせ鏡の物語・完結編」
    ・『――――絵とはね、究極的には〝想像力〟なんだ』
    『――――絵というのはね、人の心の中にある〝怪物〟を、最も正確な形で取り出せる手段なんだ』

    ・『そう。例えば、僕の好きな画家にオディロン・ルドンという人がいてね。フランスの印象はと同時代に活動して、今では象徴主義と呼ばれる人なんだけど、この画家はこう言っていた。
    〝目で見て描く必要はない。私は目を閉じてスケッチする。その方が大事だ〟
    〝むしろ闇の中にこそ、私の描きたいものがある〟
     彼の絵はその言葉を示すように、四十歳になるまで真っ黒なんだよ。木炭などでひたすら黒一色の世界を描いて、しかもそのモティーフがとても狂っているんだ。ぐるりと真上を向いた目玉が気球になっていたり、毛むくじゃらの猿の頭に蜘蛛の脚が生えていたり、沼地に生える植物に男の頭が咲いていたり、闇の中に奇形じみた軟体生物が浮かんでいたりする。目を閉じた闇の中に、彼はそんな悪夢的な世界を〝視て〟いたんだ。目を閉じた暗闇に、日常そこにある暗がりに、彼はそうした想像の世界を見ていたんだよ』
    『…………』
    『彼は里子に出された、親に捨てられた子供だった。そして一人ぼっちで過ごした幼少時代に、心の中の闇に気づいたらしい。彼が闇の中に見ていたのは、他の人とは全く違うものだったんだろうね。彼はそれを、イメージの源泉として絵を描いたんだ。
     ……そしてね、それは、僕達が見ている世界も、同じだと思うんだ。例えばこうして僕達が見ているこの景色は、お互いに同じものだと思うかい? 人は他人と同じ景色を見ていても、その見え方は全く違う。視力や目線の高さもそう、色盲など視覚異常もそうだ。もしかしたら色なんかも、これは青、これは赤という風に共通の言葉と認識があるだけで、実は個々で全く違う色を見ているのかも知れない。色は光学的な認識を脳で処理しているから、眼球の受容体が違うと見える色が違うし、意識上の色も違ってくるはずだと思う。色というのは光の特定のスペクトルが反射しているものだから、温度として感知した方が客観的に正しい認知になるのかも知れない。少しばかり妄想的になれば、こんな可能性はいくらでも考えられるよね。
     人は個々で、全然違う景色を見ている可能性があるんだ。それに何よりも、人には〝心〟がある事が重要なんだ。人は自分の心の投影として周囲を見ているんだ。苦しい時、悲しい時、楽しい時、それぞれ周囲の景色の見え方が違わないかい? 同じ物を見ていても、その印象は全然変わってくる。それを一番端的に表してるのが、実は〝絵〟なんだよ』
    『何となく……わかります』
    『うん。人が描く景色は、その人の心を投影した景色なんだそれを一番突き詰めた形が、心の中の景色を描く事なんだ。自分以外には誰にも見えない〝心〟を、そのまま他人と共有できる手段の一つが〝絵〟なんだよ。だからこそ、僕は絵には〝想像力〟が必要だと思うんだ。
     心の中の景色。心の中の怪物。それらを〝想像力〟で取り出して、他の人に見せる。もしも見た人が同じ〝怪物〟を持っていたら、きっと共感するだろうね。それが絵描きと鑑賞者の、本物の共感じゃないかと思うんだ――――』
     …………………………

    ---
    「生贄の物語」
    ・When thou prayest, thou shalt not be as the hypocrites are…?

    ---
    「座敷童の物語」
    ・What are you always seeing?
     What are you always feeling?
     What are you always hearing?
     What are you always thinking?
     
     What should we do for you ....?

    ---
    「続・座敷童の物語」


    ---
    「座敷童の物語・完結編」
    ・この世界は、〝固体〟ではなかった。
     目に見える世界の形状と色彩が、歪んだ気がした。そしてふと、いま垣間見たこの世界は、空目が観ている世界と同じなのかも知れないと、不意に、思った。
     何も定かではない、何も信頼できない世界。
     自我。自信。そんなものを確かにしたくらいでは、不安と恐怖に決して耐えられない、自分も他人も不確かな世界。
     世界は〝まやかし〟でしかない、この真実。いかなるものにも『異常』と『死』が隠されている、こんな世界に耐えられるのは、死への怖れが存在しない、そんな者だけだ。
     怖れていない、では、絶対的に足りない。
     自分自身の存在も、誇りも、プライドも、感情も何もかも、全て実在を否定し尽くした狂人のみが、正常な精神で存在できる。
     真実の、世界。
     俊也は覗いた。目の前の沖本から、それを。


    ---
    「神降ろしの物語」
    ・「でも、あなたの感情は違うのよね?」
    「………………っ!」
     抗弁など無視して、亜紀の目を覗き込むように視線を向けてくる。
    「あなた理性ではそんなこと考えても無益だと思ってるけど、本当は世界が嫌いでしょう?」
    「………………!」
     亜紀は何か反論しようとしたが、咄嗟に言葉が喉から出なかった。
    「理不尽で、愚かしくて、自分の居場所なんかどこにもない、こんな世界が嫌いでしょう?」
    「………………」
    「この狭量な世界が、嫌いでしょう?」
    「う…………」
    「私は、嫌い。嫌いだった」
     亜紀の抗弁がないのを見て、みちるは言った。
    「私は〝向こう〟が好き。でも、私には才能がなかったのね」
     平坦で、微かに笑みを含む、どこか愛おしげなみちるの声。
    「私は〝魔女〟にはなれなかった。私の〝異界〟への憧れは、歪んでたの」
    「…………」
    「憧れそのものがある種の歪みだって、〝魔女〟は言ってたわ。他のものはいくら歪んでてもいいけど、〝異界〟を歪んで見ていたら駄目なの」
     みちるの言葉は寂しげにも聞こえたが、それ以上に演説者の熱を帯び始めていた。
    「あなたはきっと、私より才能があると思うわ」
    「くっ……」
    「この世界が嫌いな、人が嫌いなケモノ」
    「くだらない事を……!」

    ---
    「神降ろしの物語・完結編」
    ・人は、運命を選べない。
     生きることも死ぬことも、幸せも不幸せも。
     私にとって、それらはただ享け入れるだっけのゞものだった。だから私はただ静かに座敷に座り、静かに唄を歌って、格子の向こうから聞こえる外の音に耳を傾けながら、私が死ぬ日を静かに待ち続けたのだった。
     私は静かに詩を詠って、運命の日を待って過ごした。

    ・「知ってる? 電話って〝異界〟と繋がってるんだって」

    ---


    あと、文字ではない部分で、挿絵はないけれど、章ごとに絵が入っているもので、
    白黒なのに絶妙なものとか、デザインとか、秀逸なものはたくさんあるのが素敵。
    後半だったら、合わせ鏡の完結で範子のはじめの襲撃直後のイラストとかも素敵だなぁって思ったものだわ。

    表紙は最終巻はシンプルで好きだけど、それぞれの巻にそれぞれで良いと思うのだけど、
    9巻の「座敷童の物語」が個人的にはベストだわ。
    スポンサーサイト
    Secret

    プロフィール

    佐藤 朱加

    Author:佐藤 朱加
    http://asaiiro.blog.shinobi.jp/
    @for_scapegoat (愚痴用)
    @bot_temp(実験中)
    4月になったらで、mixi の自動巡回スクリプト止めますね。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。