08
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
       

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    だったら、それで誰が幸せになるのでしょうね?

    ARIAは名言が多すぎて書けるかなぁ。でも最後かなぁ…

    そのひとつ前はロンパかな、マンキンかしら。

    イナイレはうん、まあ格言で十分だと思ふ。




    「亡鬼桜奇譚」斎藤けん
    ・申し訳ねぇです
     正親さまと 一緒にいると
     何だか今まで とても
     ひでぇことを されてきたような 気がして
     体が 水ぶっかけられた みてえにひえる
     鬼はそれは 怖ぇんです
     正親さまは やさしくて あったかくて 傍にいると
     鬼は とても
     とても…
     ………
     … ああ…
     うん…
     ――――次は
     次はきっと きれいに生まれて きますから
     どうか 一緒になって くだせえ

    ・あのね 私
     鳥に なりたいの
     鳥になって 空を飛んで 世界を見下ろしたら どんなに気持ちいいかって思うわ

    ・私の可愛い 小鳥さん
     あなたの 心にすむ鳥が
     羽を休める 鳥かごを つくりなさい
     そうすれば 今よりもっと 素敵な景色を 見られるようになるわ

    ・…どう 足掻いても
     かごの中の 鳥なんだ
     大人しく 羽を折って
     かごの中で 幸せを 見つけなよ
     そうすれば 世界は君に 優しくなるよ
     与えられた 時間を
     せいぜい しあわせに
     死を待って 生きるといい

    ・そうだな
     もし
     永遠なんて ものが あるとしたら
     それは きっと
     永遠を信じた 一瞬のこと なんだろう

    ・自分自身なんかより ずっと大切な人の命が
     くだらない輩に ゴミのように扱われる 気持ち
     わかります?
     一度殺すくらいじゃ 全く気がすまない
     何度も何度も 嬲って
     王が生きてきた 全ての時間を 苦痛にかえてやると 誓ったんです

    ・「クレア
     君はまだ 若いから わかっていない
     憎しみは 長くは続かない
     復習なんて むなしいだけだ」
    「わかってないのは そっちの方ですよ
     憎むこと 以外に
     私 もう 生きる意味なんて ないんです」

    ・いいですよ 謝らなくて
     あなたが 謝っても
     もう傷跡は 消えないんだから

    ・忘れて しまって いた
     なんて――――どんなに 言い訳したって
     大切な瞬間は 戻ってこない…

    ---

    「眠れぬ騎士に花束を」 弓きいろ

    ---

    「クレマチカ靴店」 酒井まゆ
    ・『何か出来るか』なんて
     おこがましい
     エンプティは 空っぽ
     空っぽの『あなた』に
     出来る事など 何も有りはしない

    ・許される だろうか
     主人の夢が 叶うことだけを
     せめて 遠くから祈る ことくらいは

    ・はい 覚悟は 出来ています
     あの人の側にいる限り 私は
     夢見てしまう
     あの人がいなく なるというなら 夢見ることも 空しいだけ
     私にできる事は もう
     自らの時を止めて
     ただ あの家にお仕えする事だけです

    ・その時に 決めた
     名前など いらない
     心だって 空っぽでいい
     あなたの そばにいられるなら

    ・……
     悪い時ばかり じゃないと…
     幸せというのは 順々に巡ってくる ものなのだと
     死んだ父がよく 言ってました
     だから…

    ・あなたの名を名乗ることは
     誇らしくさえあった
     可愛い 大好きな妹
     ずっと一緒
     他には誰も いらなかった
     友達も 男の人も
     両親でさえも

    ・人間て良い事より つらい事の方を 覚えているものでしょう?
     見た?あの怯えた顔
     こんな別れ方 絶対忘れられる わけがないわ
     あの子の心の 真ん中に いるのは私よ
     一生ね

    ・幸せのある場所へ辿り着けるように。
     出来る限り足が傷まないように、遠くへ。

    ---

    「ヴァーリアの花婿」 あきづき空太
    ・…さっきのだけで いいわ
     会えたから いい

    ・…変わらないといいわ
     キトが どんな姿であっても
     その手が 今日までに感じた 果物の重みも
     水の冷たさも 人の体温も
     ずっと キトの中に 残ってくれると 嬉しいわ

    ・「キト
     いっぱい 一緒にいて くれて
     ありがとう
     ずっと 大好きよ」
    「俺も ずっと
     シュエンに 笑顔が 絶えないように 祈っています
     いいですね
     ――――幸せに」

    ・じゃあ感覚が 違うのね
     私達は 遅かれ早かれ 結晶になって 消えるけど
     それは 世界に戻ると いうことよ
     アルザ
     あなたに きれいなものを たくさん見せて あげられるわ!

    ・それと たき火の音と 銀世界の 景色と
     アルザ
     星の名前を 呼んだ アルザの声が
     一番 きれい
     アルザが あの星空を きれいだと 思ってるから
     きっと そう聞こえたのよ

    ---
    「祈り花」 林 みかせ
    ・だって リーだけが わたしに
     いっぱい いっぱい
     やさしくしてくれたから

    ・リー ヒヨドリの おくりもの
     よろこんでくれてた…!
     もっと もっと
     わらった 顔がみたい
     もっと
     一緒に いたい
     傷なんて 治らなくて いい

    ・もっと
     リーの 望みを 叶えたい
     わらって ほしい

    ・毎日 毎日
     ヒヨドリが わからない 話を
     リーと わらって…

    ・よかった
     リーはちゃんと ヒヨドリの ものだった

    ・…うそつき
     うそつき
     リーはヒヨドリを
     すきだっていったのに

    ・わたしの知ってる ルイズは
     365日の中の たった1日で
     会えない分 想いは募り
     ただ
     ただ ルイズに 会いたかった

    ・「ルイズは 神様や魂を 信じてないの?」
    「教義として じゃなく
     哲学的領域の 視点からだな」
    「小難しい 言い回しね
     わたしは いると思うわ
     見たことは ないけど 否定してしまったら つまらないもの
     だから いつかルイズが 本当だったって 証明して頂戴」

    ・知ってるわよ
     相手にされて ないことくらい
     それでも…
     家に縛られて 自由に恋も できないし
     好きな人に 好かれもしないのよ…!
     すこしくらい 優しくしてよっ

    ・――――――小さな
     希望に 縋るような
     賭けだった

    ・気を引きたかった
     ――――ねえ ルイズ
     好きだと 伝えたら
     一緒に 全てを捨てて くれる?

    ・――冬も
     春も 夏も
     秋も
     想い 祈るような
     長い 長い 一年だった

    ・…今更 何を言うの?
     何を 訊きたいの?
     望む答えは 帰ってこない
     もう 戻れない
     わたしは 馬鹿だ
     あんな 人を試すようなこと しないで
     素直に気持ちを 伝えていたら
     もしかしたら…
     ずっと
     ずっと 好きだった のに

    ・――――違う
     わたしはただ 焦ったルイズが 言ってくれるんじゃ ないかって
     甘い期待をして
     ふられて 傷つく覚悟も なかった
     きっと何も 捨てられは しなかった

    ・きっと
     これが 最後の逢瀬
     たとえ 別々の道を 歩んでいても
     年に一度 必ず ここで会えた
     それだけで よかったのに
     もう ここに来ても あなたには 会えないのね
     来年も 再来年も
     永遠に

    ・「もしも」なんて道は
     人生には なくて
     辿ってきた道に 後悔もない

    ・「――――読んだ
    全然ハッピーエンドじゃなかった」
    「僕には 幸せな結末に 思えたよ?」
    「どこが?」
    「敵対する 家に生まれ ながら
    心が結ばれたとこが」

    ・こんな 儘ならない 世界は
     ぶっ壊したら
     少しは何かが 変わる気がした

    ---

    スポンサーサイト
    Secret

    プロフィール

    佐藤 朱加

    Author:佐藤 朱加
    http://asaiiro.blog.shinobi.jp/
    @for_scapegoat (愚痴用)
    @bot_temp(実験中)
    4月になったらで、mixi の自動巡回スクリプト止めますね。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。