06
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
       

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    おわりのはじまり は はじまりのおわり とは べつもの。


    終わらせることはできるけど







    幸せは何処に あるのですか?



    迎えにきてね、マイプリンス♡



    全ての声は 光と出会い 影へと繋ぐ 繰り返す歴史となりて…


    悲しい 夢を見ました大事な 宝物を此の手で 壊したことに私は気付かないの



    せめてしんと眠りに就かせて



    Angel, I hear you speak, I listen, stay by my side, guide me
    Why can't the past just die?




    Il Mio Cuore Va






    さあ うたおう穏やかな理を さあ 奏でよ換えられぬ理を











    ナエギリと円夏が好きです、もう。



    紅白ではめずらしく、歌詞を間違えなかったのですって?





    秘蜜のノベライズも買ったわ…買った、けど…
    ちょっとこう…残念な…。
    あんまり文章を書いたことはなかったのかしら、やっぱり。

    はじめて小説書きます!という人の作品をたくさん読んでみてわかったことだけど、
    そういう方はとにかく、設定と状況の描写が面白いくらいくっきり分かれている人が多いのね…
    だから流れに乗って読みづらいというか。勉強になります。




    でも、レン状態とミクとの幸せな生活が描かれていたのはよかったなぁ、と。
    ら? けれど、キスしたら魂が云々の設定はどこに行ったの?
    薄い本のとき、家の為に結婚を選ばないといけないけれど、その実両想い? けれど、キスされるのは嫌?
    という不明な状態なのかと思っていたけれど、ちょっといろいろ違ったわね。
    リンが天使過ぎて。じゃなくて、元気過ぎて。
    でもかっこいいリン描写ももうちょっとほしかったなぁと。

    個人的には家の為に愛を捨てざるを得なかったのは、実は姉妹で姉が居て、ルカとか辺りで。
    姉は愛というより、生きがいとか夢だとかといったもののために家を捨てて、
    だからミクは逃げ場が無いって思いこんでいたとかだったら素敵だと思っていたけれど…

     ひ と り っ こ だ っ た 



    それで終わるような家なら捨てて正解でしょうね。
    結婚して血を継ぐだけで安心するような親心ならさよならしていいでしょうね。
    所詮その程度の家で、親で、安心なのだから。


    本当に、好きな人と幸せになれるなら。

    スポンサーサイト
    Secret

    プロフィール

    佐藤 朱加

    Author:佐藤 朱加
    http://asaiiro.blog.shinobi.jp/
    @for_scapegoat (愚痴用)
    @bot_temp(実験中)
    4月になったらで、mixi の自動巡回スクリプト止めますね。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。