09
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
       

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Kill me, if you want.


    あけました。
    おめでとうございました。

    日中は平穏でしたが、風呂上りからえらく体調が悪化してきましたが、
    やっとちょっとマシになって参りました。
    胃とお腹と背中と腰が痛かったです。
    胴体がもう、全般的に。
    中心がまあ胃ですから、原因は明らかなのですけれど。
    考え過ぎるのは悪い癖ですな。
    考えたら負けだ!!!

    あと、顔色がやばいです。
    白っ。
    みたいな。
    鏡見たら我ながら……いや、ぎょっとするね。
    ほうれん草と、肉を食べないと。
    一応今日もチキンナゲットを食べたのになぁ。。。
    すき焼きかしゃぶしゃぶか、焼肉か、か?
    薬が早く効いてくれないものか。



    あ、昨日日本語で訳した方の文章はあれ、マキューシオのものです。
    一般の方にとって、マキューシオとベンヴォーリオはかなり影が薄いのですな。。。



    さて、今更ですが旅行記を書いておこう。
    覚書?記録?のようなものなので、誰得って、まったくもって俺得です。






    前夜。
    睡眠薬を飲んでも寝られない。
    それだけ考えると、遠足前の子供か!って感じですね。
    仕方が無いのでパソコンで遊ぶ。
    決して卒研ではない。。。

    朝。
    寝たのか起きたのかよくわからないながらも布団から出る。
    時間は6時。
    寝坊したいから、ちょっと遅めがいいなーとか言ったのはどの口だ?
    無性に「soundless voice」と「proof of life」が見たくなったので、ニコニコ。
    ひとりで居るときなら、こんなの見るだけで泣けるぜ。

    旅の準備はできているので、詰めるだけ詰める。
    が、おかしい。
    明らかに荷物の量が少ない……私にしては。
    頭の中の荷物リストに、まるまる一項目抜けているのではないかと心配になる。
    考えても分からない。
    忘れ物なんてあったらあったで買えばいい、と思ってはいるのですが、とかく不安。
    とにかく不安。
    でも仕方なしに出発。
    例のごとく逆方面のホームに乗るも、今回は電車に乗る前に気付く。

    合流。
    バスのりばへ移動。
    メンバーがメンバーだけに時間にかなり余裕がある……というわけで、売店で食糧を調達。
    何故か大阪土産を購入。
    が、余裕を見せすぎた orz...
    発車には間に合ったものの、乗車時間を過ぎる。
    あれ、乗車時間始まるまで20分待ちか、という状態じゃなかったか?
    扉を開けてもらって、とりあえず乗車。すみません!

    混雑に巻き込まれることもなく、定刻どおりに到着。
    とりあえずホテルに荷物を預け、散策を開始。
    初めはまあ、順調な道のりでした。
    しばらくして霧がかなりの濃度で発生。先が見えぬ。。。
    見えないながらも思うままに前進。
    とある橋の分かれ道のところで、後輩が「こういう風景が好きだ」と何かを指す。
    が、霧でうまく見えない。
    ので、近寄ってみました。
    近づくにつれて見えてくる訳ですが……何か記憶にあるよ?ここ;;
    どうやら高校くらいの頃に日帰りで連れてこられたテーマパーク?でした。
    「何かここ知ってる」を連発していましたが、後輩も知っていると言い始め。
    彼女は小学生の頃訪れたそうです。
    いやー、ここにあったのか。そういえば確かにそうだったが、夏に来たときにはその存在すら記憶にありませんでした。
    そしてまったく関係無いのに双方思い出のある場所だということで、何故か意気投合して、変にテンション上昇。

    また思いつくままに歩を進め。
    そのうち、霧が晴れて……雪?
    降るのは分かっていたので、傘も持参でしたが……いやまったく、寒いですな。
    しかしどんどん、どんどん降ってきやがりまして、徐々に積っていく。
    ちょ、そんな景色見せられたら。
    脳裏にsoudless voiceの「♪降り積もる雪ー」が流れて止まらなくなっていく。
    涙がちょちょぎれんすきーになりそうよ。
    で、積雪に伴い、どんどんテンションが上がり出す20代ふたり。
    いや、雪も良いですが、当てもなく彷徨うのがいいんだ!


    長いので、一時停止。
    スポンサーサイト
    Secret

    プロフィール

    佐藤 朱加

    Author:佐藤 朱加
    http://asaiiro.blog.shinobi.jp/
    @for_scapegoat (愚痴用)
    @bot_temp(実験中)
    4月になったらで、mixi の自動巡回スクリプト止めますね。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。