07
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
       

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    訳文。

    原文は原文で、これまた笑えるところもあるのですが、訳の仕方がね、もう。

    特に最後から3段落目。
    デニーってば、広がったんですって。
    や、知りませんでしたよ。



    赤文字の部分は、個人情報保護のため。
    本名から置き換えてあります。念のため。



    2人の日本の学生(すなわち、2008年9月の初めに2週、部に費やされる[日本の某大学(略称)]から交換されるサギリとアヤカ)。

    彼らが香港にいる間、彼らはDatabase SystemsとDesignの上でコースに出席しました。そして、コンピュータグラフィックスとComputer Game DevelopmentがComputer Studiesの部のそばに提供されました。

    彼らが良いモデルを我々の学生に設定したので、我々は彼らがまわりでいて誇りに思います:

    彼らには可能性があったとき時間通りにクラスに出席して、注意して聞いて、ノートをとって、我々の学生と社会的に活動すること。

    プラットホームを社交集会に提供するために、Ms.ローズチャンは、YGとYD(日本人の昨年度香港へ行った学生たち)が香港に落ちつくのを手伝った[(大学の略称)]と学生に前の交換学生と2008年9月4日に集会を組織しました。

    集会に加わった学生は、2006年に2008年5月の(大学の略称)、2007年のMs.スイ(以下略)とMr.Steve中国人へ行ったMr.デニーを含めました。

    デニースイには、大阪でサギリアヤカを知っていて、同様に素晴らしい時間がありました。

    スティーヴ(部の卒業生)は、まだ部に強い帰属意識でCityUで我々といます。

    同級生がたいへん、外向的な交換学生のために、そして、入って来る交換学生をreceievingする際に備えて、我々の新しい学生の助言者となって我々を助けていた彼のものとデニー

    アヤカは言いました、「これは、そうです日本を出発する私の最初で、そして、教育を知っているCityUと学習施設にとどまってうれしいです。

    私が日本の従属する内容のいくつかが英語で特に中でまだ面白いということを知ったが」。

    「学生とスタッフは、非常に有能です。

    ローズに感謝したいです、そして、彼らの礼儀正しいもてなしのためのデニーは我々の滞在の間に広がりました。

    彼らは、我々に香港を案内しました。

    これは、私の人生で、特に忘れられないです、強い中国の伝統による半ばの秋のフェスティバル直前」と、サギリが言いました。
    スポンサーサイト
    Secret

    プロフィール

    佐藤 朱加

    Author:佐藤 朱加
    http://asaiiro.blog.shinobi.jp/
    @for_scapegoat (愚痴用)
    @bot_temp(実験中)
    4月になったらで、mixi の自動巡回スクリプト止めますね。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。